ファイトケミカル(ポリフェノール)を含んだ 機能性の食材

スルフォラファン
ケルセチン
キチン・キトサン
クルクミン
フィセチン
アントシア二ン
イリドイド  などが良いとされていますが・・・

スルフォラファン、ケルセチンは食べられるとしてもその他は実際に食物としてはすべての内容は摂取しにくいです。

以下簡単に解説

スルフォラファン・・・

スルフォラファンは硫黄(含硫)化合物の一種
植物が紫外線の毒性や虫の害から自身を守るために作り出す物質で、色素、辛み、臭い、アクとして存在
スルフォラファンは、ブロッコリーの中でも発芽3日目のブロッコリースプラウトに最も豊富に含まれており、成熟ブロッコリーに12mg、発芽7日目のブロッコリースプラウトに100mgであるのに対し、発芽3日目のスプラウトには258mgとなっています。(いずれも100g当りの含有量)

100g当りの含有量は、
成熟ブロッコリーとキャベツは50~60mg、
芽キャベツで236mg、
カリフラワー30~40mg

ケルセチン

(クエルセチン、ケルセチン、英: quercetin)
ケルセチンは、タマネギや、りんご、ブロッコリーなど、身近な野菜に豊富に含まれているポリフェノールの一種です。ケルセチンには、抗酸化作用、抗炎症作用、降圧作用など、さまざまな生理作用があることが報告されています

キチン・キトサン

キトサンは甲殻類の殻から抽出される動物性食物繊維(キチン)由来の成分です。食物としては摂取は一般的ではなさそうです

クルクミン

クルクミン (curcumin) は、ウコン(ターメリック、学名Curcuma longa)などに含まれる黄色のポリフェノール化合物
クルクミンは、肝臓に良いことで知られるウコンに含まれています

日本には平安時代に持ち込まれたとされています。
このウコンは、カレーやたくあんなどの着色料、香辛料のターメリックの原料としても利用されています。

フィセチン

フィセチン(fisetin)は、ポリフェノール類のフラボノイド群に属する構造的に特徴のある化学物質であるフラボノールの一種。
多くの植物に含まれており、色素剤として作用

アントシア二ン

anthocyaninは、植物界において広く存在する色素、
アントシアン(英: anthocyan、果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)のうち、アントシアニジン(英: anthocyanidin)がアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分

高等植物では普遍的な物質であり、花や果実の色の表現に役立っている。
フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られる。

イリドイド

イリドイド(iridoid)は、二次代謝物の一種として多種多様な植物および動物にみられ、イソプレンより生合成されるモノテルペンで、多くの場合アルカロイド生合成の中間体である。化学的にはイリドイドは通常酸素などの複素6員環と融合した5員環からなる

イリドイドはイリダン骨格を持つ変形モノテルペンで、通常含酸素六員環と結合したシクロペンタン環を含んでいる。
生合成は、ゲラニオールを出発前駆物質とし、一連の酸化と水酸化反応を経て複素環を生成。
イリドイドはエノールアセタール構造を持ち、その多くはロガニンのように配糖体として存在。